不妊治療を受ける女性が増えているのはどうして?

女性ホルモンは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類のホルモンに分類することができます。

 

これらのホルモンは、脳の視床下部からの指令によって卵巣から分泌されます。

 

女性ホルモンの分泌は、月経周期の中で大きく変化します。具体的に、排卵に向けてエストロゲンの分泌が多くなり、排卵後から月経前にはプロゲステロンの分泌が多くなります。

 

女性ホルモンの分泌がバランスよく体内で行われれば、排卵も正常に起こり、その後、受精・着床がうまくいくと妊娠が可能となります。

 

不妊治療をする女性が増えている理由

しかし、最近はホルモンバランスが崩れている女性が多く、『排卵が起こらない』『月経が不規則に来る』という症状が増えているようです。

 

睡眠不足・偏った食生活・ストレス・冷えといった、誰にでも思い当たるきっかけが、ホルモンバランスを乱す原因となってしまうのです。

 

その結果、『排卵が起こらない』『月経が不規則に来る』といった症状が出てしまうことで、妊娠が難しくなり、不妊治療を受ける女性が増えています。

 

不妊治療では、まずは血液検査によって女性ホルモンの量を検査します。そして、足りないホルモンを飲み薬や注射で補ってあげることによって、女性の正常な月経周期を作り出します。

 

エストロゲンの注射は、卵巣を刺激し、卵子の入った袋「卵胞」を育てるように促します。エストロゲンの投与を続ければ、卵胞は排卵が起こるくらいの大きさまで成長してくれます。

 

また、プロゲステロンの注射は、投与を続けると排卵後の高温期を維持できるようにし、受精卵の着床を助けてくれます。

 

以上のように、不妊治療では女性ホルモンの補充は重要なことであると言えます。

 

しかし妊娠を望んでいるご夫婦であれば、誰もが自然妊娠を望みますよね。できることなら不妊治療はしたくない。不妊治療も100%の結果が保証されるわけではありませんし。

 

だからこそ、日頃から女性ホルモンのバランスを崩さないような注意が必要となります。こちらのページでご紹介しているような自宅でできるマッサージなどTOPページでご紹介しているような安全な女性ホルモンサプリを賢く生活に取り入れることが大切です。