実はあまり知られていない「男性の更年期障害」

更年期障害というと女性のイメージがとても強いですが、実は男性も更年期障害にかかるのです。

 

更年期障害というのは、年齢を重ねてホルモンを作る量が減っていってしまうために起きるので、男性にも当然起こる可能性があるのです。

 

では何故、更年期というと女性のイメージが強いのでしょうか?
女性の場合は「閉経」があるために、そのホルモンバランスの乱れが激しく、症状が目立ちやすいことが挙げられます。

 

男性の場合は、あまりホルモンバランスを意識しないので、「ただの疲労」だと思って放っておいてしまう場合が多いようです。

 

男性の更年期障害にはどのような症状があるのかといいますと、基本的には一般的には女性の症状に似ています。個人によって症状は様々ですが、ほてり、動悸、倦怠感、頭痛、無気力、不眠といった症状です。

 

男性特有のものとしては、体毛や頭髪が薄くなったり、伸びるのが遅くなるなどの症状のほかに、性欲が無くなったり、EDになるなどがあげられます。

 

男性ホルモンは、活動的で行動力を上げることにも一役買っていますので、著しく気力が低下する「気虚」という症状もしばしば現れます。

 

「気虚」という症状は、うつ症状にも似ているので、うつ病だと勘違いする場合も多いですが、更年期障害の治療で改善する場合も多く見られます。

 

男性の更年期障害も、女性同様に漢方薬での治療が可能です。40代50代を迎えて、以前よりも明らかに疲れやすくやる気が起きないと感じたら、漢方薬専門の薬局などに相談すると効果的なお薬を処方してくれる可能性が高いです。