愛情ホルモン「オキシトシン」を増やせば女性に嬉しい効果が

「オキシトシン」という名前を聞いたことがありますか?
もともとは女性が出産をする際に増えるホルモンとして知られていましたが、この女性ホルモンの一種オキシトシン。
別名で「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 

このオキシトシンが働いて母乳が作られるなど、女性にとって重要な役割を持つホルモンなのです。
しかし近年は男性にもオキシトシンがあることがわかってきました。そしてそのオキシトシンによって、人間関係が円滑になったり幸せな日常を送ることができることでも注目を浴びています。

 

オキシトシンが増えることで、子供や異性に対する愛しい感情が深まったり、さらにはアンチエイジング効果や美肌効果も期待されるのです。
プルプルと若い肌を保ち、愛情豊かな生活が送れるなんて、そんな効果があるのならオキシトシンをどんどん増やしたいですよね。

 

オキシトシンを増やすには

主に言われているのが、スキンシップです。
肌と肌が触れ合うことでオキシトシンは増えていきます。キスやハグ、そして子供へのベビーマッサージは大変効果的です。

 

愛しい相手に触れれば触れるほど、愛情が深まり自分自身もきれいになれる。素晴らしいホルモンですね。

 

ただし嫌いな相手とのスキンシップは逆効果なのでご注意を。ストレスを感じてしまい、交感神経が働いてしまいます。

 

ただでさえストレスの多い現代社会では交感神経が優位になりがちです。自律神経の切り替えがうまく行かなくなると、当然ですが体に不調をきたします。

 

自分が愛情を注げる人物だけでなく、ペットとスキンシップを計っても構いません。

 

加齢によって減少する女性ホルモンの中でも、オキシトシンだけは自分の日常生活の送り方だけで簡単に増やすことができます。

 

誰でも始められることなので、オキシトシンを増やして女性としての魅力をアップさせましょう。