PMS(月経前症候群)ってこんな病気

生理前になるとこんな症状が出ませんか?

食欲が増す、ニキビができる、顔や足がむくむ、吐き気がする、頭痛がする、腰痛になる、下痢になる、便秘になる、胸のハリや痛みを感じる、イライラする、集中できなくなる、憂うつになる、興奮する、不安感が高まる

こういった症状に思い当たるアナタは、PMSかもしれません。

 

PMSは月経前症候群というもので、生理の3日〜10日ほど前になると上記のような症状が現れる病気です。

 

その原因は、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスの変化やビタミン・ミネラルといった微量栄養素が欠乏している事と考えられています。

 

PMSの改善方法

冷え対策

体の中でも特に腰周りや足を冷やさないように、気をつけましょう。冬だけでなく、夏のクーラーなどの冷えも女性には大敵です。

 

バランスのいい食生活

ファーストフードや外食では中々摂取できない「ビタミン・ミネラル」をたっぷり含んだ緑黄色野菜や魚など、普段から意識して食べるようにしましょう。偏食はNGです。

 

適度な運動

ストレス解消にも効果的ですし、血流がよくなって生理痛やイライラの軽減につながることもあります。

 

午後10時には寝るように

疲労回復とストレス解消の為にも、十分な休息はとても大切です。しかしいつ寝ても良い訳ではなく、午後10時ぐらいに寝るのがメラトニンの分泌が増え、ホルモンバランスの正常化にも貢献します。

 

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってしまうとホルモンバランスにも直結します。イライラは健康面にも美容面にも大敵です。

こうした日常生活でのポイントを意識するだけでも、ホルモンバランスの乱れを抑える効果があります。

 

しかし逆に言えば、このポイントが守れていないとホルモンバランスが乱れ、PMSの症状を悪化させてしまうともいえます。

 

安全で効果的なPMS対策法

女性ホルモンを直接投与する薬物治療もありますが、更年期障害のような症状が出るという副作用のリスクがあります。

 

また2014年9月にPMS用の医薬品としてゼリア新薬から「プレフェミン」が発売されました。

 

プレフェミンはチェストベリーが配合された薬ですが、薬には必ず副作用があるので常用するにはそれなりのリスクがあります。

 

薬を常用する危険性を知っておこう
体が薬に慣れてしまい、徐々に規定量では効果を感じにくくなってしまいます。
また、薬の副作用は「肝臓」で解毒する必要があるため、肝臓に大きな負担となります。その負担を掛け続けてしまうと、肝機能障害や肝機能の低下に伴う全身の倦怠感に襲われてしまいます。

 

そこで副作用の心配も無く、安全にホルモンバランスを整えるとして人気なのがサプリメントです。

 

PMSの女性が摂取すべき成分
チェストベリー

天然ハーブ「チェストツリー」の果実で、古来より女性のためのハーブとして、婦人系の疾患に用いられてきた歴史があります。
月経前緊張症や生理不順、黄体機能不全症などへの効果が臨床試験によって確認されており、ホルモンバランスを整える効果があります。

 

月見草オイル

PMS患者の特徴である「γリノレン酸」の欠乏を補う効果があり、それによってホルモンバランスの正常化に貢献します。

 

こうした有効成分を含んだサプリを飲むのが、手軽で安全です。

 

PMSの女性向け 人気サプリ

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリー

ルナベリーの特徴

女性ホルモンの分泌を促すチェストベリーをたっぷり配合だけでなく、月見草オイルを配合しているのでWの効果でPMSを改善。

また、女性の外見をサポートする美容成分も配合されているのもポイント。
20代〜40代でPMSに悩んでいる女性には特にお勧め。

価格 返金保証 備考
初回500円 120日間 天然ハーブの配合に妥協なし
めぐルナ

めぐルナ

めぐルナの特徴

女性ホルモンの分泌を促すチェストベリーだけでなく、高麗ニンジン・クワンソウ・生姜・乳酸菌など、女性の健康と美容に必要な成分を贅沢に配合。

PMSだけでなく、便秘や冷え性に悩んでいる女性に人気。

価格 返金保証 備考
3980円 無し 成分の原産地にこだわり有り

PMS(月経前症候群)に苦しんでいるみんなの体験談記事一覧

私は現在29歳の会社員です。『PMS』という言葉を知ったのは、恥ずかしながらつい最近の事でした。というのも、月経前の身体の変化を自覚したのがつい最近だったからです。二十歳ごろから生理痛が重くなり、生理初日は動けなくなってしまうほどの痛みと戦っていて、恐らく周りの人に比べたら、生理は重い方だと思います。思い返すと5年ほど前から、PMSの症状がありました。まず身体的な面に関しては、排卵日付近から毎朝起...


自分がPMSと自覚したのは今年の4月頃でした。それまで月経前にイライラや頭痛など体調が悪くなることはたまにありましたが、今年の年明け頃からその症状が悪化。月経の1週間前ぐらいからだんだんと気分が落ち込み、イライラや頭痛、感情がうまくコントロールできず突然泣き出す等、精神面で不安定になることが多くなりました。最初は疲れてしまっているんだと思って市販の薬を飲んで気分を落ち着かせていたのですが、だんだん...


女性なら生理の前に憂鬱な気分になったり、イライラしたり、暴飲暴食したくなったり、人によって様々な症状に悩まされると思います。私は25歳を過ぎたころからPMSが酷くなりました。とにかく夜は寝つきが悪い。12時に布団に入っても2時、3時まで眠れない。1週間のうち半分くらいは寝不足です。生理前はもっぱら調子が悪いです。そして人生が何もかも終わりに感じ、無性に死にたくなります。必ず毎回です。自分を責めて自...